fbpx

YouTube・ライブ配信はiPhoneでOK|動画配信の3つのポイント

あなたの価値を世界に届けて

1時間60万円の売上を作り出し

本当にやりたいことを実現する!と決めた時

動画ってすごく強い武器になりますね。

 

あなたが伝えたいことがあるとき、

文章<画像<動画、と

伝えられる量が増えていきます。

最近はyoutubeやライブ配信を行う人も多いのですが

一歩間違うととっても残念なことに。。。

今回は特別な機材を用意せずに、iPhoneだけで動画を撮影していく方法をお伝えします。

 

iphoneのバージョンは?

iPhoneさえあれば、高品質な動画を配信することができます。

なぜなら、

  • カメラの性能が高い
  • マイクの性能が高い
  • iPhoneだけで撮影・編集・投稿が完結

最新版のiPhoneは、カメラ性能も素晴らしいものになっています。

逆に、古すぎるバージョンのものだと、やはりカメラ性能やマイク性能がいまいち・・・。

なので、できれば新しいめのバージョンのので撮影することがおすすめです。

また、iPhoneで撮影したら、アプリを使って編集することもできるし、そのまま投稿することもできます。

ライブ配信なら、編集すら必要ありませんね。

 

あると便利なグッズ

もちろんiphoneだけでも十分なのだけど、これがあるとますます便利!というものがあります。

今回は3つのアイテムをご紹介しますね。

 

照明

外で撮影したり配信するなら必要ないのですが、

動画を撮影する際は自宅でイスに座って撮影する機会も多いのではと思います。

そのとき、自宅の照明だけだと顔が暗かったりして、あなたの表情がしっかり届けられません。

そんな時に超便利なのがライトなんです。

私がいくつか使った中でおすすめなのはこのライトでした。

iphoneの上につけるだけで照明が完成!

しかもUSBで供給できるので、

もちろんコンセントを使うこともできるのだけど、

例えば海外旅行先で使う時もコンセントの形が違うという問題がなくてほんとに便利なんです!

Luibor 自撮り用ライト リングライト 自撮り LEDライト クリップ式

[btn class=”ghost”]amazonでチェックしてみる[/btn]

 

三脚

iphoneの自撮り棒なのですが、これが三脚代わりになります。

三脚があれば安定して撮影できるので手ブレもなくなります。

おすすめはこちら。

自撮り棒 Bluetooth セルカ棒

[btn class=”ghost”]amazonでチェックしてみる[/btn]

 

 

マイク

もちろんiphoneのマイク性能はばっちりなのですが

やはり専門的なマイクを使うと音質も音量も違います。

小さくても持ち歩きが簡単で、ヘビーユースしているのがこちら。

Ashuneru 高性能 エレクトレッ ト コンデンサーマイク

iphoneに繋げるだけでOK。

しかも、全指向性なので、マイクロフォンの向きや角度に関係なく、全方位から集音可能です。

[btn class=”ghost”]amazonでチェックしてみる[/btn]

 

 

撮影・配信するときのコツ

もちろんぶっつけ本番でもOKですが

どうせ配信するなら、クオリティの高いものを配信したいですよね。

今回は3つのポイントをご紹介します。

青写真を決めておく

台本まではいかなくても、

こんな展開でこんな流れで。。という

青写真を決めておくと撮影が楽になります。

逆光にならないようにする

外で撮影する時は、特に「光」に注意しましょう。

逆光になってしまうと、暗くて見えにくかったり、あなたの顔が全く見えないということも。。。。

一度テスト撮影して、どんな感じで見えているかを確認しておくと、失敗がなくなります。

撮影する時は縦向きか横向きか

iPhoneで動画を撮る時は、必ず横向きで撮影しましょう。

たまに縦向きで撮影しているケースを見かけますが、

youtubeで配信するなら横向きは鉄則です。

逆にインスタライブは縦向きとなるので、

使う媒体に応じて設定しましょう。

顔を近づけすぎない

画面いっぱいに自分の顔を映し出すのではなく

余白を作りましょう。

この余白があることで

あなたの表情が綺麗に見え、背景からもあなたの世界観を伝えることができます。

ょう。

まとめ

いかがでしょうか?

iphoneだけで撮影・配信ができるので、

「あると便利なグッズ」をうまく利用しながら配信していってくださいね。